ぷれーんが目指していること

ユニークな個性を持った子どもたちが伸び伸びすくすくと成長することを助けるためには、

大人が子どもを理解し、子どもの個性を守る関わりを日常的に心がけていくことが大切です。 

○保育、教育環境など集団適応の問題点

小学校高学年で多く見られる、「不登校」「学力不振」「コミュニケーションが苦手」「乱暴」など

困った行動は、幼少期の適切な関わりで防ぐことが出来る可能性があります。 

○家庭の課題

保護者は一生懸命関わっているのに子どもに伝わらないと感じ、どう育てていいかわからない毎日で、

イライラしたり精神的に悩んだりして、子育てに自信がなくなって不適切な家庭環境になっていきます。 



お知らせ・その他


【お知らせ】

【その他】