子ども理解について

指導しても変わらない子どもたちの繰り返す行動、予想外の行動、などについて戸惑うことが多いと思います。
これらの行動について、わざとではないこと、言われている意味がわからないこと、習慣付いていないこと等を理解したうえで、丁寧に関わることがとても大切になります。

ルールがあることを知らないままに集団に所属した子どもたちは…
*「ルールを守りなさい」といわれても意味がわからない
*行動が変わらないことで、「ルールを守れない子」として何度も叱られる
*「ごめんなさい」は、トラブルを「終わり」にするための言葉である、という誤学習

集団にはルールがあることを気づかずに成長する子どもたちは、悪気がないのに
理不尽に叱られ続けているように感じています。
その結果、「自分ばかり叱られる」「自分はだめだ」と思い、頑張れなかったり
楽しくない毎日でますます悪循環に陥っていきます。
その結果、自尊感情が低下し頑張ること、努力することなど成長に大切な「心」が育たないまま、自由な創造力やチャレンジ精神を発揮できない中高生になる可能性があります。

生まれつき他への関心が薄い、子ども。人間関係が優しいように見えて実は質が低下してきている日常です。指示がわかりやすく構造化、視覚化されるため推測力、見通し力が未発達な子どもたちを理解していくことが大切です。
小学校就学前のお子様や、集団生活で予想外の「不適切」「問題行動」、検診で指摘された発達に関する診察を受けたお子様などユニークな個性を持ったお子様全てを対象としております。