対象・カリキュラム

【対象】
★ 小学校就学前のお子さん
★ 集団生活で、予想外に「不適応」「問題行動」などがおきたお子さん
★ 検診で指摘され発達に関する診断を受けた、または可能性を伝えられたお子さん
★ 子どもの健康的な成長のためには家庭の適切な関わりが最も大切であることを理解し、

  将来のために努力する気持ちがある保護者の方
    


【概要・スケジュール】

こどもクラス 

5、6名グループ  火曜日 9:00 ~ 10:00
         

[預かりワーク:40分  解説・相談:20分(子どもは自由遊び)]

 

「学んでもらうこと」

*待つこと
*姿勢を保つこと
*援助を頼むこと
*感情を表現すること
*聞くこと
*注目すること


親子クラス        

5、6名グループ  火曜日 10:30 ~ 11:30

[親子ワーク:40分  解説・相談:20分(子どもは自由遊び)]

「学んでもらうこと」

*集団にはルールがあるということ
*指示通りに一緒に動く嬉しさ
*達成出来て評価されること
*きちんと止めて待たせる止め方(保護者)

 


【グループワークにする意味】

*集団への所属が自然に身についていかない可能性のある子どもたちに、将来のために必要なスキルとしての日常のルールを身につけてもらうため、幼児期からじっくりと丁寧に「教え」「習慣にする」ことを目指します。
*保護者も「子どもの特性」を少しずつ「理解」し、「毎日の関わり」のポイントを身につけてもらうことを目指します。


★「グループワーク」では伝わりにくい場合は「個人ワーク(土曜日)」についてご相談します。