概要

子どもに伸び伸びと個性豊かに育ってほしいという思いから、ルールがはっきりする前の未就学児対象の小さなグループワークを

企画しました。


「子どもを育てる」ということは時代を越えて、大人、社会の役割です。
現代社会の、過剰な刺激、考えるチャンスの少ない環境での子ども育ては、日常的により注意深い子どもへの関わりが必要です。
特に、個性的な子どもたちの子育ては、たくさんの刺激の海で溺れてしまわないよう、大人、社会が、しっかりと目を配り気持ちを

かけて、そのなかで自由に人間性の土台を作り上げてほしいと思います。
十分に個性を認められ適切に社会性を教えることで伸び伸びと成長し、人生を楽しく頑張れる人を育てることが目標です。
今の子育てが未来の日本を形作ることを意識して、子どもたちを大切に育てていきたいと思います。